本文へスキップ

お問い合わせ.info@flip.or.jp

FLIPの高度利用についてHEADLINE

FLIPコンソーシアムの成果(H23年度~)

FLIPコンソーシアムでは、研究開発活動として、透水を考慮できるカクテルグラスモデルを用いた液状化解析の実務への適用性や、各種構造部材に対応できる3次元液状化解析および大変形解析手法の開発、2次元での実務的モデル化、粘性土地盤も含めた各種地盤条件におけるパラメータ設定法などを行っています。

従来は、短時間の地震動を対象とした非排水解析による液状化解析の例が多かったところ、2011年東北地方太平洋沖地震を契機に、巨大地震への新たな課題として長継続時間の地震動下における液状化を対象とする解析が必要となってきています。

 FLIP解説①カクテルグラスモデル  


適用対象例:
 余震の影響による液状化や構造物被害拡大の解析
 地盤内の間隙水の浸透流に伴う構造物被害の解析
 過剰間隙水圧の消散に伴う地盤沈下解析

設計実務において、従来、FLIPプログラムを用いた解析は、2次元解析が主だったところ、新たな動向として、複雑な3次元構造を持つ地盤・構造物系の3次元解析が設計実務にて必要となることが増加する傾向が見られます。

   
適用対象例:
 港湾構造物の隅角部の耐震性能評価
 斜面崩壊(地すべり)の3次元解析
 既存構造物に隣接して新規に建設される構造物の耐震性能評価
 異質な地盤条件が隣接した条件下でそれらにまたがって建設される大規模な構造物の耐震性能評価

従来のFLIPプログラムには簡易的な大変形解析機能(簡易大変形解析)導入されていたが、各構成モデルを大変形理論の枠組みに拡張し、厳密に幾何学的非線形性を考慮できる大変形解析プログラムが構築されました。

 FLIP解説②大変形解析  


また、これらのFLIP ROSEの高度な利用技術に関する研究を、以下のようにワーキンググループ形式で行っています。

【これまでのWGと研究開発活動】
WG名: 研究開発活動: 
 東日本事例解析WG 透水を考慮できるカクテルグラスを用いた液状化解析の実務への適用性
 杭軸方向挙動WG 各種構造部材に対応できる3次元液状化解析手法の開発および2次元での実務的モデル化
 粘性土モデル化WG  粘性土地盤も含めた各種地盤条件におけるパラメータ設定法
 大変形解析WG  各種構造部材に対応できる大変形解析

一般社団法人FLIPコンソーシアム研究成果報告書

この度、FLIP適用の際の有益な情報として一般の方にも広くご参照いただくため、ワーキンググループでの検討成果を公開いたしました。
同じく一般公開しております以下の「FLIP研究会14年間の検討成果のまとめ」と併せまして、耐震性能設計技術の向上のための一助となれば幸いです。

「一般社団法人FLIPコンソーシアム研究成果報告書」
ダウンロード

 「一般社団法人FLIPコンソーシアム 平成27年度研究成果報告書」(PDF)
【粘性土モデル化WG】
 
 「一般社団法人FLIPコンソーシアム 平成24年度研究成果報告書」(PDF)
【東日本大震災事例解析WG】
 
 「一般社団法人FLIPコンソーシアム 平成25年度研究成果報告書」(PDF)
【杭軸方向挙動WG】
 
 


FLIP研究会14年間の検討成果のまとめ

これまでFLIP研究会員のお客様のみ配布をしておりました「FLIP研究会14年間の検討成果のまとめ」は、FLIPの適切な利用法や実際の機能・能力を広い範囲の技術者の方にお知らせできるよう、以下より無料でダウンロードいただけます。

「FLIP研究会14年間の検討成果のまとめ」は、平成23年までの14年間にわたるFLIP研究会の成果をとりまとめたもので、地震時の構造物の被害程度を精度よく予測するための高度な解析技術を「事例編」、「理論編」の二部編成でとりまとめています。
例えば、事例編ではFLIP解析と耐震性能設計(第1章)よくある問題点と解決策(第4章)の要点を、種々の構造物ごとの具体的な解析事例(第3章)とともにとりまとめています。
 「FLIP研究会14年間の検討成果」ダウンロード
 「事例編」  「理論編」  「正誤表」
(2016.10.20更新)


【事例編付属:解析サンプルデータのダウンロード】
解析のモデル化の際に,参考になるように,解析の適用性の検討などに使用した解析サンプルデータを付録CDに収録している.ジョイント要素等のやや複雑な境界面等におけるメッシュ作成の参考にされたい.各事例のメッシュ展開図等は収録していないが,必要に応じて出力して検討されたい.なお,ここでは,FLIPver606相当で解析実行可能な解析データを収録した.ただし,具体的な対象施設の名称や,地震波形については割愛する.また,バッチファイルは添付していないので,解析実行時には必要なファイルを割り付ける必要があり,注意されたい.

サンプルデータ
ダウンロード  
【重力式岸壁の解析】
自重解析用データ:stat.d
自由地盤解析用データ:ff.d
動的解析用データ:dyna.d
 【横桟橋の解析】
自重解析用データ:stat.d
自由地盤解析用データ:ff.d
動的解析用データ:dyna.d
 【矢板式岸壁の解析】
自重解析用データ:stat1.d
stat2.d (築堤解析)
自由地盤解析用データ:ff.d
動的解析用データ:dyna.d

FLIP研究会の成果(H9~22年度)

平成9年1月にFLIP ROSE® Ver.3.3(以下FLIP(Ver.3.3))が公開されたのを受けて、平成9年6月にFLIP研究会が発足しました。FLIP研究会では、FLIP(Ver.3.3)の更なる改良・機能拡張を図るとともに、高度な利用技術の研究を行い、また、耐震技術の向上とその普及を図ることを目的として活動してきました。この目的達成のために、FLIP研究会では、その事業としてワーキンググループ方式によるFLIPの高度利用技術の研究、FLIPの改良・機能拡張、FLIPのバグ対応、FLIPの利用法に関する問い合わせ対応等を実施してきました。

なお、当初のFLIP研究会(第1期FLIP研究会)は平成13年5月までの4年間、第2期FLIP研究会は平成16年6月までの3年間、第3期FLIP研究会は平成19年7月までの3年間、第4期FLIP研究会は平成23年6月までの4年間それぞれ活動しました。

第1期研究会 第2期研究会 第3期研究会 第4期研究会



バナースペース

一般社団法人FLIPコンソーシアム

〒604-0844
京都府京都市中京区御池通
東洞院西入仲保利町185
時事通信社ビル5階

TEL:075-253-1240
FAX :075-253-1241
カスタマーサービス:info@flip.or.jp