本文へスキップ

お問い合わせ.info@flip.or.jp

よくあるご質問COMPANY

ご入会についてよくあるご質問


Q.FLIPコンソーシアムへの入会申込みは随時受付けていますか?
A. 入会のお申込みは随時受付けております。
ただし、FLIPコンソーシアムの年度は7月1日より翌年6月末日までとなります。
年度途中にご入会されても年会費は年度分お支払いいただくことになりますことをご了承いただきますよう、お願いいたします。


Q.ユーザー会員、一般会員、正会員の違いは何ですか?
A. ユーザー会員と一般会員・正会員の違いとして、まずはご利用いただけるFLIPプログラムがあります。

ユーザー会員の場合は、ご使用いただけるFLIPプログラムのバージョンは、一般・正会員と同じく最新版のFLIPプログラムとなりますが、実行形式のみで10ライセンスの提供となり、LANに接続された最大10台までのPCで同時に使用が可能となります。一方、一般/正会員の場合は、FLIPプログラムが実行形式およびソースコードで提供され、使用数が無制限となります(同一法人内に限る)。


なお、一般会員および正会員は入会お申込みの際に一般社団法人FLIPコンソーシアム理事会での入会審査が必要になります。
通常、初めてFLIPプログラムをお使いになられるお客様や、新規でご入会いただくお客様には、ユーザー会員としてご入会いただくことをお勧め致しております。 (ユーザー会にご入会後、一般会員に変更を希望される場合も理事会による審査がございます。)

また、正会員の場合は「社員」となり、FLIPコンソーシアムの運営に関する議決権を有します。特典と致しまして、1年間の研究成果報告書につきましては、1法人につき1冊無料で受領いただけます。
(ユーザー会員、一般会員のお客様には成果報告書の印刷代を実費負担していただきますが、報告書の原稿は、会員専用ホームページ(株式会社 明窓社HP内)に無料掲載されますので、各自ダウンロードいただく場合は、別途ご料金はかかってまいりません。)


Q.一般会員・正会員の入会金に加えられる「さかのぼり会費」とは何でしょうか?
A. さかのぼり会費とは、一般社団法人FLIPコンソーシアムの設立初年度(平成24年7月1日)以降からご入会されるお客様に、過去にさかのぼって(最大2カ年度分)ご負担をお願いする会費のことです。

FLIPプログラムの改良・機能拡張は、会員様に初年度より継続してご負担いただく会費により実現するもので、中途からご入会されるお客様にも、ご入会までのあらゆる改良・機能拡張の成果が反映された最先端のプログラムをお使いいただくことができます。

なお、さかのぼり会費は年会費と異なり、年度途中で退会された場合も返金できません。
さかのぼり会費の金額の詳細は、こちらページ内、一般会員・正会員の「入会金・年会費」の「さかのぼり会費について」の表をご確認ください。


FLIP ROSE ver.7シリーズの購入についてよくあるご質問


Q.
新製品ver.7シリーズと旧製品ver.6.0.6の違いを教えてください。
A. FLIP ROSE ver.7シリーズでは、ver.6.0.6の機能に加えて、以下の機能がご利用いただけるようになります。
・透水(排水)解析
・カクテルグラスモデル
・非線形はり要素(修正武田モデル)
・鋼材の強制変位解析
・SUS法
・固有値解析機能
各機能につきましては、こちらのページをご覧ください。

なお、PC同時使用台数は、ver.6.0.6と同じく、LAN版3台まで、スタンドアローン版/アカデミックディスカウント版1台ですが、FLIP ROSE ver.7シリーズ(FLIP ROSE 2Dプログラム)は、下記、会員版プログラムのQ&Aに記載のユーザー会員版のプログラムと同じく、Intel Fortranでコンパイルされた64bit版のプログラムを実行形式でのご提供となります。


Q.購入時にサポートサービスの申込はどうしても必要でしょうか?
A. 新規でFLIPプログラムをご購入される場合は、初年度サポートサービスのお申し込みが必要になります。(その後、次年度以降もご継続をされるかどうかはお客様のご都合で選択いただけます。)

ただし、過去にFLIP ROSE ver.6.0.6をご購入のお客様は初年度より任意での加入となります。
また、アカデミックディスカウント版をご購入の場合は、初年度サポートサービスは無料です。

FLIP ROSE ver.7シリーズのサポートサービスの期間は4月1日から翌年3月31日までとなり、サポートサービス料は1口あたり20万円(+税)です。(※年度途中からのお申し込みでも同額となります。)

サポートサービスにご加入いただきますとFLIP講習会(無料)へのご参加、各種プログラムのバグ対応等に係るアップデート版の提供サービス、FLIPの一般的な使用法や技術的なお問い合わせ(アンサーサービス)のご利用が可能となります。

なお、アンサーサービスのお問合せの窓口は、スタンドアローン版/アカデミックディスカウント版が1口、LAN対応版は最大3口(1口あたり20万円+税)までとなります。
アンサーサービスへのご質問は、窓口担当者にご登録いただいた方からver.7シリーズサポート会員専用サイトよりウェブフォームにてお送りいただけます。


会員版FLIPプログラムについてよくあるご質問


Q. 会員版プログラムと購入版(FLIP ROSE ver.7シリーズ)の違いを教えて下さい?
A. FLIP ROSE ver.7シリーズは、FLIPコンソーシアムが販売しているプログラム(2次元版のみ)です。最新版ver.7.2シリーズ( H28.10月現在 Ver.7.2.3_5)を実行モジュールでの提供になり、同時に使用可能なパソコンの台数に制限(LAN版3台、STD版1台)があります。

なお、FLIPコンソーシアムのユーザー会員になられますと最新版のFLIP ROSEプログラム(H28.10月現在ver.7.3シリーズ)に加えて、3次元版、大変形解析用のプログラムを実行形式のみで10ライセンスの提供となり、同一LANに接続された最大10台までのPCで同時に使用が可能となります。

また、一般/正会員になられますと、FLIP ROSE(2次元版、3次元版)の初期バージョンから最新版まで、原則としてソースファイルおよびWindows上の実行モジュール(大変形解析用プログラム「FLIP TULIP」は実行モジュールのみ)を会員専用サイトより台数無制限でダウンロードいただけます。


Q.会員版FLIPプログラムは、32bitOSでは動かないものがありますか?また、今後は64bit版のみで32bit版は提供して頂けないのでしょうか?
A. ユーザー会員版のプログラムは64bit版のみのご提供となります。

なお、FLIPGEN、FLIPSIMに関しての動作モードは32bitです。Windows7(64bit)の下でも、32bitアプリケーションとして動作します。

一般/正会員版のプログラムの場合は、今まではサンプルとして動作確認などに使用した一般的と思われる設定の実行ファイル(32bit版)を添付しておりましたが、この実行モジュールを、今後は、Windows7(または8)の64bitOSで、かつ、Intel CoreIシリーズ第2世代以降のCPUを搭載しているPCで動くのものに変更しつつあります。
よって、こちらでコンパイルして添付した実行モジュールをご使用の場合は、最新版では、32bitOSでは動かないものがあります。

ただし、一般/正会員専用サイトに掲載してありますFLIPプログラムは、ソースプログラムの形式ですので、コンパイルをしていただければ最新版でも32bitOSで動く実行モジュールを作ることは可能です。



バナースペース

一般社団法人FLIPコンソーシアム

〒604-0844
京都府京都市中京区御池通
東洞院西入仲保利町185
時事通信社ビル5階

TEL:075-253-1240
FAX :075-253-1241
カスタマーサービス:info@flip.or.jp